歯周病治療

  • トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・研究内容
  • 医院案内

最善の歯周病治療とは何かを考える

歯周病は「細菌による感染症」「生活習慣病」などといわれており、原因がはっきりしないために予防が中心となっていました。そして軽度の歯周病は歯石やプラークの除去で回復するとされ、症状がひどい場合は外科的な治療が行われてきました。

しかし正しい治療やメインテナンスを行ってきたはずが、歯ぐきが腫れるなどなかなか完治しないケースが多いため、専門医でないと歯周病は完全に治せないとまでいわれてきました。

歯周病は薬剤で治ります

最近になって、歯周病菌の除菌に効果のある抗菌剤が発見され、薬剤によって歯周病菌を滅菌して治癒できるようになりました。

身体的な負担の大きい外科的処置に比べて、内科的治療法は薬剤が細菌のみにピンポイントで効果をもたらす、患者さまへの負担が少ない方法だといえます。また、グラグラして抜歯が必要だった歯でも、治療によって歯の生えている所(歯槽骨)が再生して歯のグラつきがおさまり、咬めるようになるケースも多く見られます。「歯周病かな?」と思ったら、当医院での診断と治療をおすすめします。

恵愛歯科の歯周病治療

以下では当医院の扱っている検査機器と薬剤についてご説明します。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡従来の歯周病の検査では、ポケット検査がメインでしたが、歯周病に効果のある構成物質が見つかってから、歯周病菌の検査が必須となりました。投薬後も検査をすることによって、歯周病菌の数の変化などを客観的に確認して経過を見守ることが大切です。

当医院では以前の検査結果と比較をして経過を観察できる情報をご提示し、現在の状態を患者さまにご理解いただきながら治療を進めていきます。

映像で観る歯周病菌

劇的に歯周病菌が減り、良質な細菌だけになっています。その状態を維持し、見守る事が大切です。

ジスロマック

ジスロマックジスロマックは、細菌を殺菌する薬です。あごの骨などの歯周組織が崩壊している重篤な症例において、優れた治癒効果を発揮します。投薬後、10日程度で口臭や出血、膿がおさまり、腫れもひいて、歯を支える骨の再生が認められたという症例も多く見受けられます。

※抗生物質を使用すると耐性菌ができて抗菌剤が効かなくなることがあるので、ジスロマックにおいても原則として1回の治療につき1回の投薬しか行いません。

当医院では症例に合わせて外科的治療と内科的治療を選択しています。これにより患者さまごとに最適な治療を行えるようになりました。また、治療後には検査で経過観察を行いつつ歯科衛生士による予防処置も継続していきます。

ページトップへ戻る