インプラント治療

  • トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・研究内容
  • 医院案内

自然に見える・咬めるインプラント

人工歯根をあごの骨に埋め込むことで、人工歯を安定させる補綴治療です。人工歯根があごの骨と強固に固定されるため、健康な歯と同等の「咬む」機能を取り戻せます。また、人工歯根のうえに被せる人工歯にはセラミックを採用。周りの歯の色や形に合わせて作製できるため、他の歯に見劣りしない仕上がりになります。

現在の入れ歯やブリッジの機能や、見た目に不満がある方は、一度インプラント治療をご検討ください。

恵愛歯科のインプラント治療

当医院では、約20年のインプラント治療経験を積み、多くの症例を手がけてきました。症例実績をもとに、治療方法の大幅な改革とCTを導入、確実な診断法の確立により多くの難症例の治療が可能となりました。また、長期間の治療経過の観察によりインプラント周囲炎などのトラブルを防止し、長持ちするようになりました。

難しい症例にも対応します

CTを用いて正確性の高い確実な診断を行うことで、「骨がうすい」といった理由で治療できなかったケースでも、骨を増やす治療によってインプラント治療が可能となりました。

治療後のトラブルが少ないインプラント体を採用しています

あごの骨と1ヶ月で結合するハイドロキシアパタイトコーティング・インプラント体と、インプラント体上部まで骨が形成されるインプラント体を使用することで治療後のトラブルが極端に少ない、安定性の高い治療をご提供しています。

様々なインプラント

ミニインプラント

骨が薄くインプラントをするには困難であったり、歯ぐきが平らで入れ歯の安定が悪いケースにはミニインプラントがおススメです。 日本人は外国人と比べ骨が基本薄いので、ミニインプラントが適任かと思われます。また、通常のインプラントと比べ安価で施術も1時間と、安全で短時間のメリットもあります。(取り外し可能)

135

可撤式ブリッジインプラント

従来の入れ歯のように床が小さくなり自分の歯のように違和感がなく、従来の入れ歯の時に噛み砕くことが出来なかった堅いものや筋があるものが噛めるようになります。重さも従来の入れ歯より比較的軽くなるので上顎にはおススメです。 (取り外し可能)

従来の入れ歯

可撤式ブリッジインプラント
135

135

入れ歯にも対応しています。高齢のためインプラント治療が難しい方々には、使い心地のよい入れ歯を、2回の予備治療とさらに型採りを含めた3回の治療で作っております。1回の治療時間は長くても30分以内にして、患者さまがお疲れにならないように配慮しております。

ページトップへ戻る

インプラントに特化したHPを開設しました