審美治療

  • トップページ
  • 診療コンセプト
  • スタッフ紹介・研究内容
  • 医院案内

詰め物や被せ物の見た目も考慮する

詰め物や被せ物は虫歯治療などで欠損した歯の機能を補うためのものです。しかし、素材によっては仕上がりに不満を抱いてしまうことも多々あります。代表的なのは銀歯で、金属部が目立ってしまい、それが原因でコンプレックスを抱いてしまう方もいらっしゃいます。

隣り合う歯と比べて違和感がある
もっと自然な仕上がりのものに替えたい

このようにお考えなら、自然な白さが実現できるセラミック治療・ホワイトニングをご検討ください。

セラミック治療

ホワイトニング

美しい仕上がりを求める方へ~セラミック治療~

セラミックは、患者さまの歯の色に合わせた形・色を再現できる修復素材です。本物の歯のようなツヤ感を出すことができ、長期間使用しても変色しないことから、美しい仕上がりを求める方から選ばれています。また、金属を含まずアレルギー性がないため人体にも安全です。

しかし、セラミックは圧力には強いものの引っ張りや曲げには脆い性質がありますので、詰め物や被せ物として用いるときには、歯との強固な接着が必須です。

当医院のセラミック治療

当院では、ADゲル(歯科用接着補強剤・殺菌剤)による接着技法 の開発と20年以上にわたって長期間セラミック治療を行ってきた経験から、現在では治療後の破折などのトラブルはまれになり、15年以上の保証が可能となりました。

オールセラミックを用いた治療(詰め物・被せ物)

100%セラミックでできた修復素材です。歯の色と形に合わせて修復物を作れるため、他の歯と比べて見劣りしない仕上がりになります。ただし本物の歯より硬いため、まれに欠けることがあります。

ジルコニアを用いた治療(被せ物)

本物の歯に近い色調と金属と同等の強度を持つ、生体親和性の高い修復素材です。特にご年配の方の場合、咬み合う歯の破折が多くなりますが、強度のあるジルコニアを用いた治療なら破折の心配がほとんどなくなります。

セラミック治療の症例紹介

Case.1

135

Case.2

唇面

舌面
(裏側)

ページトップへ戻る

手軽に歯を白く~ホワイトニング~

歯を削らずに白くできる方法、それがホワイトニングです。薬剤の漂白作用により白くキレイな歯を実現する審美的処置で、下記の2種類があります。

ホームホワイトニング
ヤグレーザー
オフィスホワイトニング
炭酸ガスレーザー
薬剤を塗布したマウストレイを就寝時など、一定時間装着していただきます。白さを実感するまでに約2週間かかりますが、効果が長持ちするのが利点です。 歯科医院で薬剤を歯の表面に塗り、特殊な光をあてて歯を漂白します。即効性があり短期間で白さを実感できる利点がありますが、ホームホワイトニングより効果は持ちません。

施術後の処置で長持ちさせます

残念ながら、ホワイトニングの効果は永続的なものではありません。漂白後の歯の表面は大変荒れているため、そのままにしておくと荒れた面に色素などの汚れが次々と付着し、せっかく漂白した白い歯も数ヶ月で元に戻ってしまうのです。そこで当医院では少しでも白さを長期的に持たせる工夫を施しています。

表面が荒れた漂白後の歯に、超微粒子のハイドロキシアパタイトを柔らかなゴムカップを回転させて詰めます。表面が平らになったら、液体フッ素を塗布し浸透させます。さらに、歯面を傷つけない研磨用具で研磨すると、白い歯を長期にわたって保てます。

ページトップへ戻る